個人開発をSWOT分析する。一人で戦いを挑む【テンプレートあり】

SWOT分析

ビジネス状況の分析手法で最も基本的ですが、とても有効である、SWOT分析を紹介します。

SWOT分析とは

SWOT分析とは、社会環境の外部要因や自分たちの内部要因プラス要因マイナス要因を分析し、事業戦略を立てるためのマーケティング手法です、企業でのマーケティングでよく使用されます。

4つの事象を考える

SWOT分析の4項目

  • 強み(Strength)
  • 弱み(Weakness)
  • 機会(Opportunity)
  • 脅威(Threat)

 

SWOT分析はこの4つの頭文字から命名されています。

上記の4つについてマトリクス形式でまとめます。具体的は最初の図となります。

4つの事象

強み(Strength)

あなたの事業の他と差別化できる点を書きましょう。商品以外でも、コスト競争力、販売チャネル等、開発スピート等、いろんな観点で考えることが必用です。

弱み(Weakness)

あなたの弱点を考えましょう。同様に製品以外で、販売経路や、コスト競争力、資金力、リソースなど様々観点で考えられると良いです。

機会(Opportunity)

世の中の動向(トレンド)等、外部要因の変化の中で、チャンスとなることを考えましょう。

例(電子広告市場の場合)

携帯の普及→アプリ利用の時間の増加→モバイルの広告市場の増加

脅威(Threat)

事業の成功を妨げる、外部要因を考えましょう。

例(電子広告市場の場合)

モバイル市場普及→TV等に比べ参入障壁が少ない→競争率高い

マトリクス例

今回は個人の開発についてSWOT分析を用いてみます。自分のことを一度、見直すためです。また一人で戦いを挑むための戦略を考える、きっかけにしたいと考えました。

個人開発のSWOT分析結果

私の活動の分析結果は以下です。

このように分析してみました。いかがでしょうか?SWOT分析が少しでもおわかりいただけでしょか?

読者プレゼント

SWOT分析オリジナルテンプレート

最後に

SWOT分析により、まだまだ個人でも「アプリ開発は可能性があることを認識しました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です